息子に100億稼いでもらう

小学3年のテニスブログ
たまに犬と猫
H29年4年生になりました。

公式大会2

コンソレでいいのかな?


とりあえず、
敗者トーナメントがありました。


ボールを受け取り
観客席で試合が終わるのを待っていると
また、
冬羽をかまってくれるお兄ちゃん登場
二人ずっと仲良く遊び時間を潰す。


あまりの寒さに別な位置にいた私は
本当にさくらの選手枠の子は
いい子が多いなぁと感心してみてました。


15分位して
試合時間になり
二人が
歩いてコートに向かう




なんで?




ええええ!?



なんと
対戦相手の子が話し掛けてきて
数秒で友達になっていた。


やっぱ子供ってすげー(笑




嫁と長女のところに向かい
聞くと長女が


「あの子ね、冬羽に似てるんだよー」




まずね
体力測定のシャトルランが82回でまったく一緒
サーブが入らないからレシーブがいい
50m走はちょっとあの子の方が早いかな
とか色々言ってました。



試合が始まり
冬羽は完全に友達とテニスして遊ぶテンション
まあ、確かに試合前に


「フラット解禁、自由にやってきなさい」
と言ったけど
真剣にやれよ💢


さくっと
ゲームカウント0-4に
これもサクッと終わっちゃうの?
次のゲームが始まり


あ、、、


いつもの球



サッと振り抜いてスッとドライブ


もしかしてー?


やっぱりー?


さらにサーブもー?


いつもの練習と同じ球筋になってきたー


今更エンジンかかってきた(笑
っていうより
強打じゃなく必ず返すってテニスに変わった
このプレイが続くと自然に
チャンスボールは強打に。
そして、サーブも安定してきて、
一気にカウント6-5まで逆転
ここまできたのに
またダブルフォルト連発し


きました。
タイブレーク!
はい、
冬羽ルール知らない
相手の子も知らない。


二人仲良く元気よく
コートの外にいるアンパイアに


「タイブレークがわかりません!」


仲良いなぁ(笑


二人とも教えてもらいながら
タイブレーク再開


最終的には高木選手の勝利で締めくくり
お互い良い経験できたんじゃないかな?
次の大会も高木選手いたら声かけにいこう。


今回の収穫は友達がたくさんできた。


3000円の価値はあったかな!


さくらの子達の応援したかったけど、
体力の限界で帰りました。
あれだけ助けてもらったのにみんなごめん!
ビール飲みながら応援しています!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。